社員インタビュー

2014年入社の尹翔輝さん

2014年入社、尹翔輝(ユンサンフィ)

チチカカに新入社員として2014年に入社した尹(ユン)君。現在は店長としてお店を任されるまでに。今日も元気に働くユン君に普段のお仕事の様子や新卒入社を決めた当時のお話を人事のメンバーがざっくばらんに聞いてきました。

チチカカで働く楽しさ

― お仕事はどう?楽しくやってる?

はい!毎日、楽しいですね。せっかくお客様がご来店くれたのだから、絶対笑顔で楽しんで帰ってもらうにはどうしたら良いだろうって、いつも考えて仕事するのがすごく面白いですね。

― なるほど。意識しているところとかあるのかな?

そうですね。チチカカはお店がカラフルで元気でハッピーなイメージなので、僕も元気に会話するよう意識していて、お客様といろんな事を話しながら聞き出すようにしています。その会話の合間合間にチチカカの商品をお薦めして、その良い所を知ってもらう。そうすると、本当にお客様が欲しいと思っているものを提案しやすくなるんです。うまく提案できた時にお客様から「すごいね!」とか言われると最高に嬉しいですよね。

働いている風景

仕事のやりがい・大変だったこと

― ユン君は結構コーディネートとか昔から得意だったの?

洋服は昔から好きだったんですけど、それはあくまでメンズの洋服であって、女性のコーディネートって全然違うんですよね。自分の感覚でやっちゃうと奇抜な提案ばかりしちゃってずれちゃう。お店に立つのも慣れてなかったこともあって、緊張したりして、最初は大変でした。

― なるほど。どうやって克服したの?

やっぱりいくら自分の感覚で考えてもわからないので、女性スタッフに色々教えてもらいました。後は、お客様が買っていくお洋服をみて組み合わせを見たり、トルソーのコーディネートを参考にしたり、雑誌を読んだりしてます。まだまだ勉強中ですけど、とても楽しいし成長してるなって思うし、本当に困ったときは女性のスタッフに教えてもらえるので、チームっていいなって思います。

― チチカカに入って成長している実感はある?

それは、すごいありますね。チチカカにはカリキュラムとしてチェックシートがあり、1つずつオペレーションを販売未経験でもきちんと学べます。でも、それだけではなくて店長になった時に困らないように、どういう考え方でお店を作ったら良いかという、経営的な視点も先輩、店長、マネージャーが丁寧に教えてくれます。

働いている風景例えば、配属された店舗の昨年の売り上げを確認するというプログラムがあるんです。その実績を確認してお店で推すべきなのは、今の時期衣料なのか、雑貨なのかを分析します。その上で、実際に働きながら今年の売れている商品や、お客様の反応をよく観察。過去のデータと今年のリアルな売り上げ状況を紐づけ、売り上げが上がるお店の作り方の感覚を身につけていくんです。

他にも店長とは、売上データを見ながら売れている商品、思ったより動きが鈍い商品をチェックして、ディスプレイの位置を一緒に考えさせてもらいました。新卒で入ったばかりなのに、本当に信頼していただけ、一緒にいろんな事を取り組ませてもらったのは、すごくいい経験になりました。

将来目指している事

― ユンくん、新しく店長になったわけだけど、どんなお店にしたいと思ってるの?

一番はチームワークの良いお店にしたいなって思っています。信頼関係ができると、自発的にアイコンタクトをとりあってお客様をうまく接客できるようになるので、お店に活気が出てくるんです。それに、チームワークが良いお店ってスタッフがみんな楽しそうにニコニコして働いているので、お客様にも楽しい感じが伝わるんですよね。

僕にとって仙台は、本当にチームワークの良い理想の店舗で、店長がみんなの本当に細かい所までちゃんと見て気遣いしてるんです。笑うときは一緒に笑うし、言うときはちゃんと言う。そういうメリハリもあって、僕には憧れの人だったので、そういう店長になりたいなと思っています。

― 店長の先に何か目標はあるの?

店長としてお店でしかできない仕事を学んだら、それを活かして内装作りに携わってみたいなと思っています。大学が建築系というのもあるんですけど、チチカカはものすごい勢いでいろんなことを試していてスタッフが働きやすい店舗、お客様が選びやすい店舗みたいなのを、すごく考えているんですよね。僕も、みんながハッピーになるような店舗設計を考えるメンバーに加わってみたいです。

働いている風景

チチカカに入った理由

― ユンくんは、どうしてチチカカに入ろうと思ったの?

これは本当に偶然なんですが、大学卒業したら大学院に行こうかなって最初思ってたんです。ただ、まわりが就活している中、全くしないのも不安で、リクルートスーツ着て建設業界の説明会とか聞きにいったんですね。でもどこも、なんだかつまらない。エントリーシートを出すことなく迷っていた時に、たまたまチチカカの求人を見つけてサイトを見たら、なんだか「世界の文化を伝えていきたい」とか書いてあって、楽しそうだなと。それで、早速説明会に行ったら、他の会社の説明会と全然違って驚いちゃって(笑)

― あはは。チチカカの説明会は私服だもんね。

そうです。私服でって連絡もらっていたんですが、何を着て言ったら良いか解らなくて、少しラフ目なスーツで行ったんです。でも、スーツの人の方が逆に浮いちゃうみたいな状況で(笑)社員の方もみんな私服。これは、なんだか面白いところに来ちゃったぞと思ったんです。

―実際に話を聞いてみて、特に印象に残ったこととかある?

そうですね。特に印象的だったのは、ハピトレとか、チチカカは本当にみんなが幸せになるコトを考えているということでした。それまでの他の会社の説明会と違って自分の中にすっと入ってきて、なんかすごく良いなって。もともと雑貨屋さんでアルバイトしていたのもあって、好きな販売の仕事で世界の文化を伝えたり、世の中の幸せの懸け橋になれるのは本当に良いなと思ったんです。

― 最後に、チチカカを受ける皆さんにメッセージをどうぞ!

働いている風景

チチカカに入って1年経ちましたが、まったく後悔したことが無くて、むしろ楽しい事がすごくいっぱいあったんですよね。今、就職どうしようかな?何したらいいんだろう?って悩んでいるのであれば、チチカカに来て一緒に働こうよって言いたいです。

入ってみないとわからないことはいっぱいあるけど、難しい事も大変な事もあるけど、ちゃんと先輩達が温かくフォローして教えてくれるので、きちんと成長できます。僕も就活の時はずっと不安だったんですが、ワクワクする気持ちを持って頑張ってください。そして、一緒に働きましょう!

一日の流れ

  1. 10:45出勤

    店内を清掃して、オープン準備。
    朝のミーティングでは昨日の売上を確認。売れ筋の状況をチェックします。

  2. 11:00開店

    笑顔でお客様をお出迎え

    笑顔でお客様をお出迎え。迷っているお客様には積極的に話しかけて、ご相談にのるようにします。

  3. 12:00検品&品出し

    新しく届いた品物の検品と品出し

    新しく届いた品物の検品と品出し。他のアイテムとの兼ね合いも考慮してベストなレイアウトに配置します。

  4. 14:00休憩

    少し遅めのランチタイム。午後からの力を出すには、しっかり食べるのが大事ですね!

  5. 15:00雑貨の発注

    休憩が終わったら、仕入業者さんに雑貨の発注。何を入れたら売れるかをよく考えて発注をかけます。

  6. 17:00接客

    夕方になると忙しくなってきました。こういうときこそ笑顔を意識して、お客様に楽しかったと言ってもらえることを心がけています。

  7. 19:00在庫チェック・発注書書き

    本日の在庫チェック

    お店も落ち着いてきたので、本日の在庫チェック。この日はどうやら、雑貨の売行きが良かったみたいです。

  8. 20:00閉店

    最後のお客様まで笑顔でお見送り

    最後のお客様まで笑顔でお見送り。店内整理をしてレジを閉めれば本日は終了。お疲れ様でした!

PAGE TOP